お祝いに・お礼に・記念日に大切な人に送るおすすめギフトを紹介。

大切な人に送るギフト集

記念日

色んなお祝いに個性的な贈り物を!消臭もできる祝竹炭で縁起を担ごう!

更新日:



1:祝い竹ってどんなもの?

 

何かの記念日、店舗のお祝い、さまざまな面で「お祝い」というものはやってきます。

祝い花と聞くと、やはり「胡蝶蘭」が一番有名ではないでしょうか。

祝い花として胡蝶蘭を贈るのは、もはや定番や王道と言っても過言ではありません。

しかも、贈られた側は毎日の水やりなどに手間を強いられるでしょう。

もちろん喜ばれる贈り物なのは間違いないのですが、忙しい時にはついつい水やりを忘れることもあるのです。

せっかくお祝いで貰った胡蝶蘭も、忙しさにかまけて世話を忘れてしまうと枯らしてしまいかねません。

 

他にも、祝い花は生花であるため、どんなにきちんとお世話をしていても必ず枯れる日がやってきます。

特に店舗お祝いなどで贈った場合、きちんとお世話をしていても枯れるのはやはり気分が良くありません。

しかも、胡蝶蘭は定番の祝い花のため、贈ってくる人はひとりやふたりではないのです。

下手をすると贈り先には溢れるほどの胡蝶蘭があったということも少なくありません。

そんな時には「お祝い竹炭」はいかがでしょうか。

 

生花のように水やりは不要のため、贈り先の手間を省くことが出来ます。

しかも、炭は消臭などの機能性にも優れています。

プリザーブドフラワーのように半永久的ではありませんが、生花よりは長く楽しめるのも特徴のひとつです。

 

王道ではなく、心からのお祝いの気持ちを伝えたい人には個性あふれる祝竹炭をおすすめします。

誰もが知ると言うほど、まだ知名度は高くありません。

今だからこそ自分をアピールするチャンスかもしれません。

公式ホームページを見ると、3種類あります。

それぞれ金額が違うので、贈りたいと思ったものを注文しましょう。

【祝い竹炭|TAKESUMI公式通販サイト】

2:日本初ブランドってご存知でしたか?

 

日本のブランドでありながら、祝い竹炭のことを知らなかったという人も少なくありません。

この祝い竹炭は、比較的新しいブランドです。

当然ながら、日本の竹炭を使用しています。

 

ちなみに、竹炭は日本の文化でもあるので、海外の方にも新鮮さからとても好評なのです。

竹炭を花と共に飾るという画期的とも呼べるものは、海外では決して味わえません。

華道などがある日本だからこそ実現出来たと言えるでしょう。

 

日本には和の文化があり、これは海外の人からも注目されています。

訪日客の7割が和食を目当てに来るように、京都や浅草が観光地として外国人で賑わっているように、和の心は海外の人を惹きつけてやまないものです。

 

この祝い竹炭も、和の心を表していると言えます。

言葉だけで聞くと竹炭と花々、とミスマッチに思えるかもしれません。

しかし、これを違和感がないように組み合わせることで、言葉に表せないほどの豪華さを出します。

 

本来、竹は縁起物としてとても人気です。

しかも、竹炭は長持ちすることから繁栄の時を意味すると言われています。

まさに、縁起物としてピッタリの贈り物ではないでしょうか。

 

祝い竹炭を検討している人の中には「縁起物だからって、竹を乱用するのは……」と考える人もいるのではないでしょうか。

そういう不安を抱えている人はご安心ください。

祝い竹炭の「竹炭」は、森林を浸食する竹を伐採しているからです。

森林環境に良くない竹を伐採して焼いて作っているため、注文は巡り巡って森林保護に貢献していることになります。

 

人間が思っている以上に、竹の成長は早く、しかも強度も強いのです。

生命力に溢れる竹だからこそ、放置しておくことで森を竹が浸食してしまい、「竹害」と呼ばれるほどです。

あまり聞き馴染みがないかもしれませんが、竹による森林浸食は問題視されています。

 

森林環境を悪くするからと言って、伐採した竹をそのまま処分するわけではありません。

もちろん、祝い竹炭のために無暗に伐採するわけでもないのです。

伐採しなければいけない竹を集めて作られているので、無駄をすべて省略していると言えるでしょう。

竹の乱伐を心配している人は、安心して祝い竹炭を注文できますね。

 

祝い竹炭を始めても、まだまだ竹害による被害は収まりません。

竹自体が数年あれば大人になって、伐採にも困るほどの生命力を持ちます。

そのため、お祝いとして使えるだけではなく、森林保護にも繋がる竹炭は、大きな注目を集めているのです。



3:どんな人におすすめ?

 

祝い竹炭はどんな人におすすめされているのでしょうか。

こちらでは、実際に祝い竹炭を検討している人たちについて集めてみました。

 

①贈り先に胡蝶蘭が溢れかえっていた

とある企業の社長さんは、何かのお祝いがあるごとに祝い花として胡蝶蘭を贈っていました。

しかし、送り先の会社を訪ねた時に社内が胡蝶蘭であふれかえっているのを見て驚いたのです。

しかも、多くの胡蝶蘭の中に自分が贈ったものが見当たりませんでした。

別な場所に飾られていたのでしょうが、社内では持て余すほどの胡蝶蘭に申し訳なさを覚えたとのことです。

この社長さんが祝い竹炭を知ったのは、その後でした。

機能性があるだけではなく、日本文化で森を守るという部分に感銘を受けて、次に贈る時からは祝い竹炭を検討するとありました。

 

②海外の人と接する機会が多いから

外資系の会社は特に海外の人と接する機会が多いと言われています。

海外から人を迎える時、やはり「日本」を表したものを飾ろうと考える人は多くいます。

こちらの外資系の会社も同じで、日本らしさを表す祝い竹炭に目を留めたと答えています。

実際に祝い竹炭を置くことで、海外の人の目に留まり注目を浴びるだけではなく、話題になって話も弾むようになったとのことです。

海外では見慣れないものだからこそ、目に留まり、そこから話が広がるのでしょう。

 

③自社が苦労しているからこそ

とある会社では、会社の引っ越し祝いに花を貰うことが多かったと言います。

しかし、お祝いの気持ちは嬉しくても、花の水やりや枯れた後の廃棄などはかなりの手間がかかります。

自分たちが苦労しているからこそ、気軽に生花を「お祝いの気持ち」として贈れなくなったのです。

そんな時に、祝い竹炭のことを知って利用するようになったとありました。

 

祝い竹炭を利用するようになったキッカケは、人によってさまざまです。

最近では、出産祝いなどにも祝い竹炭が利用されるようになってきました。

その理由として、消臭効果、電磁波の吸着、湿度調整などの色々な効果があるからです。

赤ちゃんはさまざまなものに敏感です。

だからこそ、少しでも赤ちゃんのいる部屋の環境を良くしてあげたいという気持ちから、祝い竹炭が利用されるようになってきたのでしょう。

 

4まとめ

 

お祝いの品は、定番の方がはずれがないという考えを持っている人もいるでしょう。

実際にその通りかもしれません。

しかし、竹炭はお祝いに使えるだけではなく、森林保護にも大きく貢献してくれます。

まだまだ知名度の低い部分はありますが、少しずつ浸透していくことで贈り先の手間を省けるだけではなく、環境改善、森林保護など、ひとつで何役にもなってくれるのが竹炭です。

自然のものなので、化学薬品を使わない消臭剤として置いておくことも可能です。

王道や定番もいいかもしれませんが、お祝いの時だからこそ個性を出してみてはいかがでしょうか。

特に会社や店舗に贈る場合は「長持ちする」ということが、会社や店舗の繁栄を意味します。

受け取る側としても、さり気ない心遣いに嬉しくなるのではないでしょうか。

ぜひ、お祝い竹炭を検討してみてください。



検索

検索

-記念日

Copyright© 大切な人に送るギフト集 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.